ホームへ戻る

業務案内


労務通信 新着情報

9月から厚生年金保険の保険料率が引き上げられます

2016/08/25

平成16年に行われた年金制度の改正により、厚生年金保険の保険料率は平成29年まで毎年9月に0.354%ずつ引き上げられることになっています。これにより平成28年9月からの厚生年金保険料率は18.182%となり、これを労使折半で9.091%ずつ負担します。具体的な保険料額は下表のとおりとなっています。
※協会けんぽの健康保険料率については変更ありません。

9月より変更すべき社会保険料
労務③.jpg

9月は保険料の引き上げと共に、社会保険料の定時決定(算定基礎)により決定された健康保険料及び厚生年金保険の標準報酬月額を変更する時期となります。具体的な手続きとしては、給与から控除する保険料率及び標準報酬月額を変更した上で、従業員へ決定された標準報酬月額を通知します。
なお、社会保険料控除のタイミングは会社によって異なるため、9月分の保険料をいつ支払う給与から控除するのかを確認しておきましょう。
この他、社会保険料に関しては平成28年4月より、健康保険の標準報酬月額の上限額が121万円から139万円へ引き上げられました。また、累計標準賞与額も年間上限額が540万円から573万円に引き上げられています。
そして平成28年10月からは、厚生年金保険の下限に1等級(88,000円)が加わることになっています。この変更に該当する人の取り扱いについては今後、情報が出てくるかと思いますので、確認の上、給与計算において社会保険料の控除額に誤りがないように注意しましょう。

  • 次のページへ
  • 一覧へ戻る
  • 前のページへ

ページの先頭へ戻る



〒810-0023 福岡市中央区警固2-12-5 篠原CPAビル
TEL:092-751-1605/FAX:092-741-2581/E-mail:info@shinohara-cpa.com